高級時計を頂いた時のエピソード

小さい頃、祖父にとてもかわいがってもらった記憶があります

小さい頃、祖父にとてもかわいがってもらった記憶があります。私は祖父にとって唯一の女孫だったので、とくによくしてもらいました。
そんな祖父は、私が幼稚園に通っていた頃に亡くなりました。

それから20年以上経ち、結婚の報告に行った時、祖母から時計をもらいました。
オメガの金色の時計です。
祖父がずっと使っていたものだそうです。
もし祖父が生きていたら、私の結婚にはお祝いをしたかったろうからと、もう数少なくなってしまった祖父の形見の中から選んでくれました。

男物なので私の腕にはかなり大きく、ずしりと重いです。

でも、その分、祖父の思い出が詰まっている気がして胸が熱くなりました。
あえてベルトの調整はせず、大切に保管してあります。本当は腕にはめて使ってあげることが時計にとってはいいことなのでしょうが、祖父の腕の太さに合わせたベルトのまま取っておきたいと思ったのです。

いつかまた自分に孫ができた時、祖父のことを伝え、受け継いでいけるよういつまでも大事にしていこうと思います。

RECOMMEND

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.