高級時計を頂いた時のエピソード

かれこれ10年近く、同じ腕時計を愛用し続けています

かれこれ10年近く、同じ腕時計を愛用し続けています。その腕時計は私が大学に入学する時に、両親からプレゼントされたものです。

大学の合格祝いとして、家族全員でお寿司を食べに行っていた時に、父親がおもむろにカバンから小箱を取り出したのです。
中をあけてみると、シンプルで使い勝手がよさそうな腕時計が入っていたというわけです。
「大学生になるのだから、普段から時計ぐらい身につけるようにしなさい」という、両親の心遣いだったようです。

一目でデザインが気に入ってしまったので、両親に感謝しながら、それをありがたくいただくことにしました。
しばらくたってから、何気なくその腕時計のことを調べてみて、非常に高価なものであると知って驚きました。
プレゼントされた時に値段を知っていたならば、受け取るのを躊躇してしまうほどの価格だったのです。

それ以来、今まで以上に大切に腕時計のお手入れをするようになりました。

RECOMMEND

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.