高級時計を頂いた時のエピソード

高校を卒業し

高校を卒業し、社会人になって初任給で買いたい物のひとつが高級時計でした。

でも、車や化粧品、洋服など欲しい物がいろいろあり、後まわしになって買いませんでした。

その後結婚し、夫から高級時計をもらう機会がありました。
とても嬉しくて、いつでも使えるように時間も合わせ、自分のそばに置いていたけど、いざ腕にはめてお出かけと思っても着ていくファッションに合わないなとか、腕にはめると傷つくから嫌だなとか思ってしまい、大事に飾ってしまうようになっていました。

いつも視野に入るところに飾っていたのが、掃除、片付けする度に場所を移動し、とうとう引き出しの中になり、今では見ることもなく、もしかしたら時間も止まっているかもしれません。欲しい、欲しいと思っていて念願が叶い、自分の手に入ったというのに、こんなありさまです。

結局一度も私の腕にはめる事無く、現在にいたっています。その時計が今どこにあるのかさえも、不明です。

RECOMMEND

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.