高級時計を頂いた時のエピソード

高級時計を人から貰う機会として一番多いのは

高級時計を人から貰う機会として一番多いのは、進学や就職といった人生の節目だと思います。僕が現在も愛用している12万円もするイタリア製の高級腕時計は、昨年亡くなったお婆ちゃんが大学への進学祝いとして贈ってくれた物です。

僕のお婆ちゃんというのは孫の立場から言うのも何ですが、僕に対してメチャクチャ甘く、小さい頃からお婆ちゃんの家に遊びに行った際には、欲しいと言った玩具を必ず買い与えてくれるような人でした。
流石に物心がついてくると、何でもお婆ちゃんにオネダリするのは悪いなと思うようになり、僕の方から催促するような事は無くなったのですが、それでも一緒に買い物に行った際などには、必ず新しい服を買ってくれたものでした。

そんな甘々なお婆ちゃんも3年ぐらい前から急に足腰が弱ってきて、時々遊びに行っても一緒に外を出歩くのが困難な身体になってしまいました。

でも、僕が一浪の末ようやく志望大学に合格できたと知ると、お婆ちゃんのお世話をしていた周囲の人間もビックリするぐらいにメチャクチャ喜んでくれたようで、奮発して僕に高級腕時計を買ってくれたようです。

そんなお婆ちゃんは既にこの世にはいませんが、入学祝いとして買い与えてくれたこの時計と一緒に、今後の人生を僕なりに一生懸命歩んでいきたいと思っています。

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.