高級時計を頂いた時のエピソード

高級時計を頂いた時のエピソードとして

高級時計を頂いた時のエピソードとして、見習いとして仕事をしていた時、予想を超える収益が出たとして、オメガ製の腕時計を頂きました。
若かった時の自分にしては、高級な腕時計で、大変ありがたく使わせてもらいました。

普段は国産の腕時計で、おしゃれしてお出かけする時はオメガの腕時計をして出かけました。
自分にとっては、鼻高々でオメガの腕時計をしていました。
現在でも大切に使っていることは言うまでもございません。
買ってもらったお店は銀座にありますが、1度、修理をお願いすると丁重な対応でさすが高級な腕時計だなと感じました。

オメガを超える腕時計が欲しいと思い、今ではインターネットなどで、ロレックスなどの高級腕時計をたまにチェックしていますが、中々手が届きません。いつかは自分で購入しようと考えていますが、次の円高ドル安の時が狙い目かなと思っています。
高級な腕時計をしている誇りは、自分にも自信が出てくる感じです。
世間に対して恥ずかしくない人間としての誇りを感じられます。時刻だけが読める単純な腕時計ではなく、高級な腕時計をしていると、人間に厚みも出てくると思います。

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.