高級時計を頂いた時のエピソード

ファッションは現代人が身にまとう鎧のようなものです

ファッションは現代人が身にまとう鎧のようなものです。
その人の気持ちや役職など様々なことを投影します。そんな中でセンスが出るのが小物類かもしれません。時計やネクタイ、アクセサリーなどに気を配っているとオシャレ上級者と言えるでしょう。
私がそういったものにこだわるようになったきっかけは高級な時計をプレゼントしてもらった事からです。
大学生になる時期に、入学祝いで両親からプレゼントしてもらったのですが、それまでそんな高価な時計をしたことのない私は少々緊張しました。

しかし、高価なことにはやはり意味があると強烈に感じる光をその時計は放っていました。
ひとつひとつのデザインが洗練されていて、細部にまでこだわりを感じることができます。身につけると、少し大人の仲間入りができた気がしました。
身が引き締まり、同時に責任と感謝が体の奥から湧き出てきます。そういう意味で入学祝いに時計を貰ったことには意味があったと思っています。
身につけるものだからこそ生まれる意識の変化により、ファッションがもたらす効果を再認識できました。
時計は時を刻むものですが、時代が流れても変わらない本物を見極める目を養ってくれるものなのかもしれません。

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.