高級時計を頂いた時のエピソード

学生時代の友人から、オメガの時計をもらったことがあります

学生時代の友人から、オメガの時計をもらったことがあります。
友人が大学を卒業してから間もなく働きだし、最初のボーナスで自分へのご褒美として買った30万円の時計です。
買った当初からずっと大事にして毎日のようにはめていたので、よほど気に入っていたのだと思います。
ところが、その時計のせいで仕事先の上司は嫌味を言うようになり、その友人は精神的に追い込まれてしまいました。
もともと口数の少ない友人でしたが、その当時は上司のことでたくさん悩みを打ち明けてくれて、一緒に釣りに行って話しをし、明け方まで釣りをしていたことは今でもいい思い出です。

その後彼は仕事を変え、お互いに忙しくなり、ほとんど会わなくなっていきました。
6年ほど経って、私が県外に永住することを決めて彼にも報告をしました。
そのときにくれたのがその時計です。
今思えば6年もたつのに新品同様でした。
本当に大事に使っていたのでしょう。
彼は辛かった当時を振り返って、私に世話になったと告げました。
もらった時計よりも大きい喜びでした。
現在も大事に自宅に保管してあります。

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.