高級時計を頂いた時のエピソード

進学や就職など、人生の節目でいろいろなものを頂く機会があります

進学や就職など、人生の節目でいろいろなものを頂く機会があります。学校や職場、あるいは日々の生活の中で、すぐに利用できるものならよいのですが、なかなか使用する場面が少ないものもあります。新社会人になったときに頂いた、高級時計もその一つです。

時計ですから、日常的に使用できると考えがちですが、自分の服装に対して高級時計は少し浮いた感じになってしまうのです。
時計だけが目立ってしまうと、周りの人たちに対する印象も、必ずしもよいものではないこともあります。そのため、せっかく頂いても、なかなか使用する機会がないのです。

しかし、会社の上司などを見ていると、高級時計と思われるものを、うまく服装などに合わせている光景も目にするものです。
そこで、頂き物の高級時計は、今すぐ役に立つものではなく、いずれ、この時計が似合うような人物になれるようにという、人生の糧として意識するようにしているのです。

RECOMMEND

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.