高級時計を頂いた時のエピソード

最近は、時間を知るのに携帯電話の時計を見る場合も多いのでしょうが

最近は、時間を知るのに携帯電話の時計を見る場合も多いのでしょうが、それでもやはり、時計はおしゃれや身だしなみの一部としても、欠かせないものなのではないでしょうか。
わたしが高級時計を貰ったのは、祖父からでした。
時計を貰ったとき、高価なものだとは全く知りませんでした。
というのも、ねじを巻く形式の古いものでしたし、見た目、そんなに高価そうな金属が使われているようにも見えませんでした。
「古い時計みたいだな」と思っていただけでした。

しかし、その後よくよくこの時計を調べてみると、実は物凄く精巧な作りになっている、価値のある時計だとわかったのです。
中のムーブメントも、ほとんど昔、作られたときのままになっていたらしくて、そのことが逆に、時計の価値を高めていたらしいのです。

これには、貰ったわたし自身とてもびっくりしました。
時計の価値というのは、見た目だけではないのかも知れませんね。

Copyright 2017 高級時計を頂いた時のエピソード All Rights Reserved.